アラプラス糖ダウン効果口コミ、僕の眠気と血糖値?

糖ダウンアラプラス効果口コミ600。糖ダウン効果口コミアラプラスてのひら白い錠剤。糖ダウン効果口コミアラプラスてのひら白い錠剤。糖ダウン!の効果に期待して実際に摂ってみた体験口コミです。健康診断の結果で示すように空腹時血糖値も高め、そして何より昼食後の猛烈な眠気が食後高血糖の象徴でしたが、飲み始めて割と早くに眠くならなくなりました。個人的には効果あり、という感じです。
アラプラス糖ダウンを使い始めてから、食後血糖値の影響だと考えられます猛烈な眠気が減少している!ような個人的ですが効果を実感しています。

糖ダウン効果口コミイラストどじょっこさん。
ALA アラを含んで空腹時血糖値を正常に近づけるサポート&食後血糖値の上昇を緩やかにする機能での機能性表示食品

郷ひろみさんのCMで有名なこの糖ダウンの口コミ(機能性表示食品として表示されている内容も含みます)によりますと、アラプラス糖ダウンとは以下の通りです。

1.アミノ酸ALAを含んでおり、ALAが糖を燃焼させてエネルギーに変える力をサポートする
2.食後血糖値の上昇を緩やかにする事が臨床試験で明らかになった機能性表示食品
3.高めの空腹時血糖値を正常に近づける事をサポートする機能性表示食品

ALAアラによって糖を燃焼させて血糖値を安定させる仕組みなので、必ず食前に飲む必要がない、いつ飲んでも良い健康食品、サプリメントです。

つまり、
こんな食生活で健康診断で隠れ高血糖、糖尿病予備軍とされた中高年が飲みたい!健康食品です。
↓ ↓ ↓

アラプラス糖ダウン効果口コミ、僕の眠気と血糖値。
ALA アラを含んで空腹時血糖値を正常に近づけるサポート&食後血糖値の上昇を緩やかにする機能での機能性表示食品

 

糖ダウンの効果と口コミ、まとめ

 

オギャーと生まれて49歳と5カ月、こうして健康に日々過ごさせていただいている僕は、ちょうど1年前、健康診断で中性脂肪高い&高血糖気味の判定をおみまいされた典型的な中高年です。

生活習慣病予備軍として、病院での指導を義務付けられましたが、食事に気を付けなさい!程度で治療には至りません。

とはいえ、思い当たるのがこの食後、特に昼食後のどうしようもない眠気と、夕方からのドッ!とくる疲れ。

40歳になったぐらいからそんな感じで、ストレスが原因、って思っていてここまで来ましたが、最近はもうハンパないぐらいしんどい。

それと夜のおしっこ、増えましたね、ぐっすり眠れてないですよ、それが日中の眠気の原因にもなっているんでしょうね。

風邪もひきやすくなりました、っていうか熱こそでないですけどしょっちゅう頭がボーっとして風邪気味、ってやつでして昔はそんな事なかったんですよ。

これらは、血糖値が高い、高血糖予備軍の典型的な症状なんですね。

出典→ヘルスケア大学 高血糖の症状と原因 NEVERまとめ

食後の血糖値が高い人、急激に上がる程インスリンが過剰に分泌されて低血糖状態になり眠くなってしまう・・・という事のようです。

つまり血糖値が高い事自体が悪さする訳ではなく、血糖値が安定しない、乱高下するから眠い、だるい、おしっこ多い、風邪ひきやすい・・・って事になるのですね。

あと、健康診断は空腹時血糖値なので、食後高血糖についてはカバーしていません。

空腹時血糖値が高めでひっかかったのですが、食後の血糖値は上記自覚症状で想像するしかないです、これも「隠れ高血糖」っていうらしいです。

それと僕は両親共に糖尿病で長年インスリン治療をやっています。

糖尿病の辛さを良く知っているんですね、食事制限で同じ食事が食べられない・・・とか。

そしてあまり知られていないのですが、他の病気になった時に糖尿病の治療や服薬のせいで、薬や治療法が制限されるんですよ。

勿論糖尿病自体による合併症の併発率も高いですし。

親父もお袋も、40代50代の時のケア、健康管理を振り返って後悔してましたからね。

両親が糖尿病だと自分もそうなる可能性は高いんです、それは若い時からいろんな人からずっと脅されて?いたんですが、もうすぐ50歳でこのザマですよ。

ですので、血糖血が気になる、どころではありません、切実な事です、僕にとっては。

糖ダウンアラプラス効果口コミ外袋機能表示。
ALA アラを含んで空腹時血糖値を正常に近づけるサポート&食後血糖値の上昇を緩やかにする機能での機能性表示食品

そこで「食後血糖値の上昇を緩やかにする」

「高めの空腹時血糖値を正常に近づける事をサポートする」

機能(はたらき)を表示している機能性表示食品アラプラス糖ダウンを買ってみて試すことにして、

実際以前に比べて眠くなくなったような気がする、午後も仕事に集中している、気分が良い、鼻歌こそ出ませんが(笑)・・・個人的にその効果を実感しています。

糖ダウン効果口コミイラストどじょっこさん。ALA アラを含んで空腹時血糖値を正常に近づけるサポート&食後血糖値の上昇を緩やかにする機能での機能性表示食品

ちょっと若すぎるイラストですいません(笑)、いくら疲れにくくなったからといって、こんなポーズもしません、でも気分はこんな感じですよ。

糖をエネルギーに変えるので炭水化物に目が無い人は特に良い・・・

何かしないと、いう危機感はみんなあります、僕もあります・・・

血糖値を毎日測定する程でもないけど、効果が実感できるってのはモチベーシヨンがあがりますよ、効果あるのかも?って。

それといつ飲んでも良い、っていうのもメリット大きいですよ、家に帰る時間も不規則で出張が多い人とかには特に。

糖をエネルギーに変える、っていうのはこの健康食品、サプリメント、アラプラス糖ダウンだけですから、ね。

糖をエネルギーに変える・・・って若い時には普通にできていた訳ですから、この歳になってそれが又できるようになったとしたら、

血糖値対策としては根本的解決法になるのでは?と考えたのがアラプラス糖ダウンを購入した大きな理由です。

お守りですよ、食べ過ぎたりして翌日の昼の眠気で辛かったりすると血糖値のせいにしてましたから、ね。

食事も気をつけてますから、このサプリだけ!の良い状況ではない、と思います。

でも、今のところ、とっても前向きです、続けてたらいけそう、高血糖対策、明らかに眠くないですから、以前と比べて。

アラプラス糖ダウン
血糖値対策サプリ

↓ ↓ ↓

糖ダウンアラプラス効果と口コミ220詳細はこちら

 

 

アラプラス糖ダウンを買った理由は?|効果口コミ

 

ALA(5-アミノレブリン酸リン酸塩)の効果に期待した

以前から興味があったアミノ酸ALA(アラ)に関して、このアラプラス糖ダウンでの説明、

ALAがどのようして血糖値の上昇を緩やかにするのか?っていう説明に大変期待したから、です。

ALAが糖の燃焼を促し、吸収した糖をエネルギーに変えて、健康な糖代謝をサポートする、という説明です。

これはこれまでの血糖値に関する健康食品のほとんどが、特定保健用食品のあの有名なグルコケアまでもが、

体の中に糖は吸収されないようにする、という説明ですので、ALA糖ダウンは全く違う新しい血糖値上昇抑制に関する説明です。

糖は吸収するけど、エネルギーにするから、糖が血液で溜まっていかない、だから血糖値が上昇しない、という事です。

糖自体を吸収させないので、血糖値が上昇しない、という説明とは全然違います。

糖ダウンが従来のサプリと違う理由の説明図

若い頃は血糖値の上昇など全く気にならなった、心配しなくて良かったのは、代謝、燃焼していたから、です。

そう理解していましたので、代謝の落ちまくっている中高年の僕にとっては、根本的な解決!のように理解しています。

結果これまでのところ、良かった!と思っていますので、益々この「糖を燃やしてエネルギーに変える」っていう事に大きな期待を寄せています。

一日1カプセル、しかもいつ飲んでも良い!その便利さ

1カプセル/日で良いのは、毎日いくつも飲まなければならない抵抗感から考えるとすごく良いです。

それといつ飲んでも良い、という事が何より気楽で良いです、大体の健康食品やサプリメントは食前、食後とかで処方箋みたいですから。

特に血糖値の関係のサプリは「必ず食事の前」というのが多いです。

血糖値の吸収を抑える、という仕組みなので「必ず食事の前」という事ですね。

アラプラス糖ダウンは先程書かせていただいたように、血糖値の上昇を抑える仕組み、メカニズムが違います。

食事に合わせて飲む必要がないので、外出や出張が多い方にも有難いのではないでしょうか。

ま、血糖値や生活習慣病の予防を考えるなら、外食は本気で控えた方がよいのでしょうが、仮に外食が多くて帰宅が不規則な事があっても「1日1つ、いつ飲んでも良い」は続けやすい、と思っています。

上場会社SBIで安心、しかもとっても力を入れている!

販売しているSBIアラプロモは、金融関係が一番有名で上場しているSBIグループの会社、ALAの健康食品を扱っている会社です。

ALAに関してはどこよりも先駆けて取り組んでいますし、何より大手で信頼のあるところはやっぱり安心です。

いくらALAに期待している、っていってもやっぱり新商品ですので。

上場会社の新商品なら、まさか!のとんでもない事はマズない、と考えました。株価や売上とか立ち直れないような損害になってきますから。

しかも郷ひろみさんを起用しての全国ネットのCM!力の入れ方が違います。

IRでも株主にこのアラプラス糖ダウンで頑張っていく!みたいな事を発表しています。

上場会社で新商品でしかもとっても力を入れている、ってなりますと、試してみよう、と背中を押したのは事実ですね。

実際使ってみて、今のとこ良し!っていう感じです、やっぱり使ってみないと自分に合うかどうかは分かりませんので。

暫くは続けて行こう!っていうモチベーションはあがります。

糖ダウンを買った理由?その効果とALAの仕組みを解説!ALAが糖を燃焼させて糖を正常に代謝させる600

 

アラプラス糖ダウン
血糖値対策サプリ

↓ ↓ ↓

糖ダウンアラプラス効果と口コミ220詳細はこちら

 

 

 

アラプラス糖ダウンがおすすめの人は?|効果口コミ

 

とにかく、バカ食い、早食い、外食好き、アブラー(脂ぁ)の人です、僕のような人だと思います(笑)。

そして外食が多くて、居酒屋等でも夜遅くなっても小腹がすいた!とか言って唐揚げとか揚げ物を頼んだりする人、〆はラーメンで!とかってやる人・・・そう僕のような人です(笑)。

時間が不規則な食生活の人も。

そしてこのような方は健康診断で引っかかっているのでは?と予想します。

又、僕もそうですがこの年齢になりますと、そういった健康の不調と同時になんとも解消しがたたいストレスを抱えていたりしますからね。

ストレスと血糖値、生活習慣病は密接に関係している、と思っています。

ですので何か対策をしないと!と思っている方にはおすすめします。

それと注意点。

糖をエネルギーにするので、僕のような炭水化物&でんぷんマン・ウーマンにはおすすめですが、このサプリで今まで同じ食事でOK!とは行きませんよ。

自分なりに食事の質や量を考えていますし、基本夜はごはんの量少なくしていますからね。

急激に糖尿病食に変わらないとけない訳ではないですが、ある程度食生活も変えながら糖ダウン!だと思います。

実際、眠気や疲れやすさは改善してきているように思います。

隠れ高血糖の症状で心当たりがあり両親が共に糖尿病なので。隠れ高血糖で思い当たること

 

アラプラス糖ダウン
血糖値対策サプリ

↓ ↓ ↓

糖ダウンアラプラス効果と口コミ220詳細はこちら

 

 



 

アラプラス糖ダウンに期待される効果と、個人的な体験感想口コミはここまでです。

 

 

 

アラプラス糖ダウン効果口コミ記事一覧

 

 

糖ダウンの効果と口コミ、徹底解説

 

糖ダウンとは

ALA アラを含んで空腹時血糖値を正常に近づけるサポート&食後血糖値の上昇を緩やかにする機能での機能性表示食品の糖ダウン、アラプラス糖ダウンの効果と口コミ、ここではアラプラス糖ダウンとは?について書いています。

アラプラス糖ダウンは、血糖値が気になる方に向けて開発された機能性表示食品です。

*機能性表示食品とは?

「事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品です。販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官へ届け出られたものです。ただし、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官の個別の許可を受けたものではありません。」

従来の血糖値対策のサプリメントは、「難消化性デキストリン(食物繊維の一種)」という成分によって「小腸での糖分の吸収を抑える」ことで食後の血糖値の上昇を抑える、という説明でした。

これに対し、アラプラス糖ダウンは、独自の成分ALA(アミノ酸の一種)が、細胞のレベルでの「糖代謝」の能力自体を向上させることで、血糖値の上昇を抑制する、という内容のもので、従来のものとは違う新しいアプローチのものといえます。

ALAの「糖の燃焼を促進して、正常な糖代謝をサポートする」と期待されている効果を使ったサプリメント、健康食品です。

また、従来のサプリメントが必ず食事と一緒に摂取しなければいけなかったのに対して、糖ダウンは、食事のタイミングと関係なく、1日のうちいつでもお好きな時に1カプセルを摂るだけで効果が期待できます。

アラプラス糖ダウンはいわば、細胞内で「糖を燃焼させる能力」を高めるサプリメント、「健康な糖代謝を回復するメカニズム」をもとに開発された、新しい発想のサプリメントです。

また、この商品の成分であるALAは国立大学による臨床試験でも効果を確認されており、安全性にも問題がないことが確認されています。

ALA(アラ)とは

ALA アラを含んで空腹時血糖値を正常に近づけるサポート&食後血糖値の上昇を緩やかにする機能での機能性表示食品の糖ダウン、アラプラス糖ダウンの効果と口コミを説明する上で、ALAの働きを知る事が必要になってきます。

ALAとは、ホウレン草などの緑黄色野菜や黒酢や味噌などの発酵食品にも含まれるアミノ酸の一種です。

代謝を支えるアミノ酸でミトコンドリアの働きを活発にすることが明らかになっている物質です。

*ミトコンドリアとは?

カラダを作っている細胞の中にある器官で、若々しさと大きく関わっていると言われています。

その役割はいくつかあるのですが、細胞の中で酸素を取り込んでエネルギーを作り出す、という大切な役割を担っています。

さて、より詳しいALA(アラ)の働きはを羅列しますと下記の通りです。

●ミトコンドリアに作用して体内の代謝を活性化する

●血液中で酸素を運ぶ働きをするヘモグロビンの原料になる

●抗酸化酵素(カタラーゼ)となって体内の活性酸素を除去する酵素になる

●肝臓内で毒素を分解する酵素になる

以上の事からALA(アラ)の働きによってどんな良い変化が期待できるか?という事ですが、下記の通リです。

●糖をエネルギーに変える、代謝をよくする

●代謝をよくする事で体内の余分な糖分や脂肪を減らして太りにくくする

●体内で水分を作り出し全身みずみずしくする

●エネルギーや熱を創り出すことで冷えや疲労をケアする

ALA(アラ)は体内に必要な成分ではあり、体内で作られていく成分なのですが、加齢、そして過労やストレス、運動不足などを原因にしてALAの生産量は減少していきます。

ALA(アラ)は食事を通じて取りいれる事が可能で、以下のような食品に含まれています。

●動物性食品 いか たこ 牛肉など

●植物性食品 ほうれん草、かいわれ大根、ピーマン、トマトなど

●発酵食品 ワイン、黒酢、日本酒、みそなど

ALA(アラ)は他社が真似できない特許製法によって作られる希少成分であるためにSBIグループのSBIアラプロモだけがALA(アラ)配合のサプリメントを提供しています。

*SBIアラプロモとは?

「(株)SBIアラプロモで、金融や投資、そしてバイオ関連の事業で東証一部に上場しているSBIグループの会社で、ALA(アラ)を成分とする健康食品や化粧品な等を開発製造販売している会社です。」

ALA(アラ)は医薬品の成分とても注目されており、日本抗加齢予防学会、世界糖尿病予防会議などさまざまな学会で臨床データが発表されています。

アラプラスとは

ALA アラを含んで空腹時血糖値を正常に近づけるサポート&食後血糖値の上昇を緩やかにする機能での機能性表示食品の糖ダウン、アラプラス糖ダウンの効果と口コミです。

糖ダウンは、アラプラスシリーズの新商品で、その期待される効果や口コミはこれまでのサラプラスの健康食品やサプリメントと同じくALA(アラ)によるものです。

アラプラスとは、ALA(5-アミノレブリン酸)を配合したサプリメント、化粧品のブランドで(株)SBIアラプロモが販売しています。

ALA(5-アミノレブリン酸)を配合したサプリメントや化粧品を製造・販売しているのは(株)SBIアラプロモだけです。

アラプラスは1粒で高麗人参20本分のALAを摂取することができるほど、ALAの成分を凝縮したものです。

サプリメントのラインナップで言いますと、下記の通リです。

●アラプラス スポーツ ハイパフォーマンス スポーツ時の持久力をサポート

●アラプラスCoQ10 ビューティ&アクティブ系をサポート

●アラプラスビオチン ビューティ&ハリツヤ系をサポート

●アラプラス ゴールド 1粒にALA10mg( 高麗人参 約80本分)と高配合。エイジングケアを応援する活力系サプリメント。

●アラプラス もっと元気が欲しい 大人世代のためのベースサプリメント。

その他、ナチュアラ・ビオやアラプラスドリンク等で、どれもALA(アラ)に期待されている働きを活かしたエイジングケアを意識した健康食品です。

そんな中、血糖値の上昇抑制に対する健康効果についての機能性表示食品が、アラプラス糖ダウンです。

SBIとは

糖ダウン、アラプラス糖ダウンの効果と口コミについて、SBIアラプロモ、SBIグループについて書いています。

ALA アラを含んで空腹時血糖値を正常に近づけるサポート&食後血糖値の上昇を緩やかにする機能での機能性表示食品アラプラス糖ダウンは、上場会社SBIグループのSBIアラプロモ(株)から販売されています。

SBIアラプロモ(株)はALA(5-アミノレブリン酸)含有サプリメントと化粧品の販売を行っている会社です。

その会社概要によりますと、下記のようになります。

・・・SBIグループは、SBI証券や住信SBIネット銀行、SBI損保など、金融商品や関連するサービス・情報の提供等を行う「金融サービス事業」のほか、国内外のIT、バイオ、環境・エネルギー及び金融関連のベンチャー企業などへの投資等を行う「アセットマネジメント事業」、医薬品・健康食品・化粧品等におけるグローバルな展開を行う「バイオ関連事業」を主要事業と位置づけ、事業を展開しています。

大手SBIグループはALA アラの製品開発、普及に力を入れており、その中でもこの「糖ダウン」は郷ひろみさんをCMに起用するなどして、グループとして大きく取り組んでいる事業の新商品です。

 

アラプラス糖ダウン
血糖値対策サプリ

↓ ↓ ↓

糖ダウンアラプラス効果と口コミ220詳細はこちら

 

隠れ高血糖とは

糖ダウン、アラプラス糖ダウンの効果と口コミについて。

「隠れ高血糖」とは、空腹時の血糖値は正常でも食後に上昇した血糖値が戻りにくい状態のことです。

健康診断では食後血糖値を計ることは少ないため健康診断で異常が見つからなくても「隠れ高血糖」のケースがあります。

食後血糖値とその自覚症状でについて。

隠れ高血糖は「隠れ糖尿病」というような言われ方もしています。

いずれにしても、糖尿病になる確率が高いので気を付けなさいよ、という理解をしていますが、その自覚症状を箇条書きにしますと、以下の通リです。

●全身の倦怠感
●頻尿
●尿の量が増える
●体重が減少する
●口渇

このような自覚症状のある方は、要注意です。僕は「体重の減少」以外は全てあてはまります。

僕は両親二人とも糖尿病でその辛さをマジマジとみてきました。

その辛さはいろいろあるのですが、ポイントは2つ、①食事制限がつらい②他の病気になった時に薬や治療方法が制限される、です。

勿論、腎臓の病気、失明等合併症が一番問題なのですが、日々の生活で感じる①②がやっぱり辛そうでした。

糖尿病それ自体で、生きる死ぬはないのですが、それでも厄介でどうしようもない病気です。

糖尿病は遺伝するらしい・・・とずっと脅かされてきた僕です。

機能性表示食品とは

糖ダウン、アラプラス糖ダウンの効果と口コミについて、機能性表示食品に関して、です。

アラプラス糖ダウンはサプリメント、健康食品の中でも機能性表示食品として消費者庁に届けられたもので、安全やその信頼は高いもので、それが購入するときに後押しした理由の一つです。

機能性表示食品制度は、平成27年4月に始まった「保健機能食品制度」の3つの制度の内の一つです。

「保健機能食品制度」には、、国が有効性や安全性を個別に審査し許可した「特定保健用食品(トクホ)」と、国が定める特定の栄養成分の規格基準に適合した「栄養機能食品」と今回新たに加わった、「機能性表示食品」の3つがあります。

機能性表示食品とは、「事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品で、販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官へ届け出られたもの」です。

これに対し、栄養機能食品は、栄養成分(ビタミン・ミネラル)の補給のために利用される食品で、栄養成分の機能を表示するものです。

栄養機能食品として販売するためには、一日当たりの摂取目安量に含まれる当該栄養成分量が定められた上・下限値の範囲内にある必要があるほか、栄養機能表示だけでなく注意喚起表示等も表示する必要があります。

つまり、栄養成分量が定められた上・下限値の範囲内にあるか審査されるた結果、栄養機能食品になる、という事です。

特定保健用食品(条件付き特定保健用食品を含む)は、食品の持つ特定の保健の用途を表示して販売される食品で、特定保健用食品として販売するためには、製品ごとに食品の有効性や安全性について審査を受け、表示について国の許可を受ける必要があります。

特定保健用食品及び条件付き特定保健用食品には、あのトクホマーク、許可マークが付いていますね。

この国の許可を受けたのか?届出されたのか?の違いがトクホと今回のアラプラス糖ダウンとの大きな違いになります。

食後血糖値について

糖ダウン、アラプラス糖ダウンの効果と口コミについて、食後血糖値についてです。

食後血糖値の上昇を穏やかにする、とその健康効果が表示されている糖ダウン、アラプラス糖ダウンは、空腹時血糖値だけではなく、食後血糖値にも作用する機能性表示食品です。使ってみた口コミですが、食後血糖値に関係する眠気が和らいだような感じがします。

食後血糖値の上昇を穏やかにする、と表示されている機能性表示食品のアラプラス糖ダウンには、結果的に食後血糖値を下げるという効果がある、と個人的に理解しまして、他の人の口コミも参考にしながら、購入してみました。食後の眠気やだるさが徐々になくなっているような気がします。

空腹時血糖値について

糖ダウン、アラプラス糖ダウンの効果と口コミについて、空腹時血糖値についてです。

空腹時血糖値を下げる、正常値に近づける事をサポートする、とその健康効果が表示されている機能性表示食品サプリ、アラプラス糖ダウンを使ってみた口コミです。健康診断で引っ掛かってから空腹時血糖値100未満ていう正常値や年代別の平均も調べてみました。

郷ひろみさんについて

糖ダウン、アラプラス糖ダウンの効果と口コミについて、郷ひろみさんについて、です。

郷ひろみさんは、アラプラス糖ダウンのCMに出ていますが、元々アラプラスシリーズの健康食品のCMにも出演されています。

手前ミソの話で恐縮ですが、郷ひろみさんは僕より11歳年上で、僕が小学生の頃20歳ぐらいのアイドルの郷ひろみさんを見ていたことになります。

野口五郎さんや西城秀樹さんと3人で、新御三家って云われていたりしていましたが、御三家、って言い方も今となっては時代だな、って思います。

テレビで観て印象に残っている曲は「よろしく哀愁」。それから樹木希林さんとの「林檎殺人事件」とかもよく覚えています。

処女と少女と娼婦に淑女・・・って「HowManyいい顔」も語呂が良い歌かな、っていう印象です。

久米宏さんと黒柳徹子さんのザ・ベストテンとかで良く観ました、「マイフェアレディ」とか。

でも小学六年とか中学生になると、ニューミュージックからロックンロール、海外アーティスト等がとても好きになりましので、アイドルとか歌謡曲とかは敬遠するようになりました。

ですので、松田聖子さんとかは高校時代モロの世代なのですが、興味がなかったのでほとんど記憶になく後に結婚したとか離婚したとか、今言われるとそういう事のあったのかな、って思います。

で、今振り返って郷ひろみさんの曲やテレビで観て思う事。

曲は、当時の海外で流行していた曲の感じを日本語でやったらどうなるのだろう・・・っていう試行錯誤が感じられてとても好感が持てます。

当時は好きでも嫌いでもない曲が、今となっては口ずさみやすく感じてしまいます。

そして、ステージの上やCMでのあの元気な姿に糖!ダウン!の勇ましい声、とても還暦を過ぎたとは思えません。

僕よりかなり先輩なので、僕が郷ひろみさんぐらいの年齢になってもあんな元気でいられるのだろうか?

血糖値が気になって、健康診断でも注意されて、不摂生極まりない健康状態なので、なおさらそんな風に思ってしまいます。

ですので、もっと郷ひろみさんの世代に近い人は健康管理に対するモチベーションが高まるのではないでしょうか?

糖ダウンに期待される効果や口コミで言いますと、郷ひろみさんのCMへの起用は大成功であったように思います。

健康、血糖値、糖質、食事に関する注意をピンポイントで喚起させられて、郷ひろみさんと自分とのキギャップから健康管理に対する、血糖値の管理に関する意識を上手に持つことができたのでは?と思っております。