機能性表示食品と糖ダウンの効果口コミ

機能性表示食品制度は、平成27年4月に始まった「保健機能食品制度」の一つです。

「保健機能食品制度」には、、国が有効性や安全性を個別に審査し許可した「特定保健用食品(トクホ)」と、国が定める特定の栄養成分の規格基準に適合した「栄養機能食品」と今回新たに加わった、「機能性表示食品」の3つになります。

⇒引用元はこちら。

機能性表示食品については下記の通りです。

「事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品です。

販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官へ届け出られたものです。

ただし、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官の個別の許可を受けたものではありません。」

と、機能性表示食品のアラプラス糖ダウンの包装袋にはこの文言が印字されています。

さらに、引用元の内容を基に、糖ダウンにあてはめて理解した範囲で以下のように箇条書きにまとめさせていただきました。

●「高めの空腹時血糖値を正常に近づけることをサポートし、食後血糖値の上昇を穏やかにする」など、特定の保健の目的が期待できる(健康の維持及び増進に役立つ)という食品の機能性を表示することができる食品。

●安全性の確保を前提とし、科学的根拠に基づいた機能性が、事業者の責任において表示される

●病気になっていない方を対象にしている食品

●生鮮食品を含め、すべての食品が対象

●.安全性及び機能性の根拠に関する情報、健康被害の情報収集体制など必要な事項が、商品の販売前に、事業者より消費者庁長官に届け出られた食品

●特定保健用食品とは異なり、国が安全性と機能性の審査は行っていない

●届け出られた情報は消費者庁のウェブサイトで公開される

こうして見てみますと、糖ダウンの健康食品としての信頼性、安全性は機能が表示されていないサプリメント、健康食品と比較しても高いものなのかな、と思います。

上記引用元から、他の2つ、栄養機能食品と「特定保健用食品(トクホ)」については下記の通リです。

●栄養機能食品は、栄養成分(ビタミン・ミネラル)の補給のために利用される食品で、栄養成分の機能を表示するもの

栄養機能食品として販売するためには、一日当たりの摂取目安量に含まれる当該栄養成分量が定められた上・下限値の範囲内にある必要があるほか、栄養機能表示だけでなく注意喚起表示等も表示する必要がある・・・

つまり、栄養成分量が定められた上・下限値の範囲内にあるか審査される事になります。

●特定保健用食品(条件付き特定保健用食品を含む)は、食品の持つ特定の保健の用途を表示して販売される食品。

特定保健用食品として販売するためには、製品ごとに食品の有効性や安全性について審査を受け、表示について国の許可を受ける必要がある。

特定保健用食品及び条件付き特定保健用食品には、許可マークが付される・・・

この国の許可を受けたのか?届出されたのか?の違いがトクホと今回のアラプラス糖ダウンとの大きな違いになります。

ALA アラの糖の燃焼を促して、健全な代謝をサポートする効果や口コミに期待して購入する事にしましたが、

お試ししてみる!と思ったのには、

トクホではないいしても、この機能性表示食品である事の安全や信頼性が大きく背中を押したのは事実です。

⇒アラプラス糖ダウンの効果口コミ、血糖値には?

 

 

 

アラプラス糖ダウン効果口コミ記事一覧